赤ちゃんに日焼け止めを使う必要ってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かい季節に赤ちゃんとのお出かけ、
ママもリフレッシュできて気持ちが良いですよね♪

しかし、陽射しが強くなると紫外線も気になります。

赤ちゃんの紫外線対策に日焼け止めを使う必要は
あるのでしょうか?

赤ちゃんに日焼け止めを使うのはいつから、
どのように使えばいいのか調べてみました(^^)

 

赤ちゃんの紫外線対策に日焼け止めは必要なの?

赤ちゃんの頃から紫外線対策に日焼け止めを塗って
あげることは、とても大切なんです。

直射日光が当たらないように、帽子をかぶせたり
UVパーカーを羽織るなどの紫外線対策と同時に

日焼け止めを赤ちゃんにも塗ってあげましょう。

なぜ、赤ちゃんの頃から紫外線対策に日焼け止めが
重要かというと紫外線のダメージは蓄積されるので

将来、様々な悪い影響が出てきてしまうんです。

日焼け止めなどの紫外線対策を赤ちゃんのうちから
しておかないと10年以上先になってからシミやシワ

免疫力が低下してしまう、皮膚がんになる恐れも
あると言われています。

10年以上先の話だけではなくても、

赤ちゃんのお肌は大人の肌より薄くとてもデリケート
なので、日焼け止めを塗っていない状態で陽射しが

直接肌に当たると、水ぶくれややけどになってしまう
恐れもあるんです。

とくに生まれて間もない赤ちゃんほど、紫外線の影響を
強く受けてしまうため、早めのケアが必要なんですね。

 

赤ちゃんに日焼け止めを使うときの正しい使い方は?

赤ちゃんに日焼け止めを使うときに気を付けたいことは
ママと同じ日焼け止めクリームなどは使用しないこと!

赤ちゃん用の低刺激な日焼け止めを使いましょう。

初めて使う日焼け止めはパッチテストを行います。

パッチテストは赤ちゃんの二の腕の裏側に
日焼け止めを塗って24時間経過観察します。

赤みや腫れや発疹などの異常が現れなければ
最初は、少量ずつ使っていきましょう。

ベビー用と書いてある日焼け止めでも使える月齢や
配合している成分をきちんと確認してくださいね。

早いうちから紫外線ダメージを防いであげる為にも
新生児から使える安全なオーガニック成分配合の

赤ちゃん用日焼け止めがおすすめですよ(^^)

赤ちゃん用の日焼け止めに強いSPFやPAは必要なく、
SPF15、PA++程度の日焼け止めを選びましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めは汗や水遊びをした時など
肌に水分がついたらこまめに塗りなおしてあげます。

スプレータイプの日焼け止めは塗りなおすときも
シュッとひと吹きして伸ばすだけなのでラクですよ♪

そして、日焼け止めを塗ったらきちんとお風呂で
落としてあげることが大切です。

石鹸やクレンジング剤不要のお湯で落とせる
赤ちゃん用の日焼け止めなら肌を傷つけずに

日焼け止めを落とせるので安心で便利です◎

もし、赤ちゃんのお肌が日焼けで赤くなって
しまったら濡らしたタオルなどで冷やしましょう。

早いうちから赤ちゃんを紫外線から守って、
健やかなお肌を保ってあげてくださいね♪

 

お勧めの赤ちゃん用日焼け止め『アロベビーのUV&アウトドアミスト』

アロベビーのUV&アウトドアミストは
日焼け止めと虫除けが同時にできちゃう優れものです。

しかもミストタイプなので塗る時も簡単。
お湯で落とせるのも魅力です。

優しい天然100%の成分で
赤ちゃんのお肌にも安心して使用することができます。

下記の公式販売店なら
限定で返金保証付きなので安心して試してみるとこができます。

お得なセット価格もおすすめなのでチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓
【アロベビーUV&アウトドアミスト公式販売店】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*