赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんのお肌に保湿が大切な理由とは?

 

赤ちゃんのお肌って
もちもちしてて気持ちいいイメージがありますが
実はとっても乾燥してしまいがち。
保湿がしっかりとできていなかったり
よだれなどでローションが流れてしまうと
カサカサし始めてしまいます。
ひどいと赤く肌荒れしてしまったり
乳児性湿疹やアトピーになってしまったり・・・

赤ちゃんのお肌の乾燥に悩んでいる
お母さんたちも多いはず。
でも、

「なんで赤ちゃんの肌荒れには
保湿が必要なのかしら?」

と思っている方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は
赤ちゃんになぜ保湿が必要なのかについて
調べてみました。

 

なんで赤ちゃんのお肌には保湿が大切なの?

ある研究では

新生児期からの保湿剤の使用で

アトピー性皮膚炎の発症リスクが
3割以上低下することが
報告されています。
またアトピー性皮膚炎の人のお肌では、

免疫細胞というアレルギーと関連している細胞が
皮膚をつらぬいて皮膚の外についたアレルゲンを
取り込んでしまい、

アレルギーの発症につながっていることがわかっています。
そのため一度、アトピー性皮膚炎になってしまうと
保湿剤だけではケアしきれず、
免疫細胞の突起を引っ込めるための薬などが必要になってくる

という研究も報告されています。
また、アトピー性皮膚炎は

食物アレルギーなどの
他のアレルギー疾患とも関連していることが
わかっており、

アトピー性皮膚炎を予防することは
とても大切です。
つまり、アトピー性皮膚炎になってしまう前に
予防の段階で保湿剤を使用することが大切。
そこでオススメなのが
高保湿のアロベビーミルクローションです。

なんで、保湿にアロベビーミルクローションがオススメなの?

赤ちゃんのスキンケアには
保湿が大切!ということがわかりましたね。
それでは、保湿に
なぜアロベビーミルクローションがオススメなのでしょうか。
アロベビーミルクローションには
たくさんの高保湿成分が配合されています。

例えば
シアバターはうるおい効果が優れていて
生まれたばかりの赤ちゃんに塗る地域もあるそうです。

ホホバオイルには
様々なビタミンが含まれていて
特にビタミンAは乾燥防止の効果があります。
オリーブオイルは
赤ちゃんのスキンケアによく用いられていますが、
これは、保湿効果があることと

オリーブオイルがおっぱいに含まれる脂質に
最も近いオイルと言われていることが
理由です。
シアバターやホホバオイル、オリーブオイルなどを
配合することで、
赤ちゃんのお肌をもちもちに保湿できます。
また
アロベビーミルクローションの成分は
99%以上が天然由来です。
高い保湿性はもちろんのこと
赤ちゃんのお肌に直接塗るものなので
天然由来成分がほとんどというのは

お母さんも安心ですよね。
さらに

アロベビーミルクローションは
世界的オーガニック基準の
エコサート認証を取得しています。
天然由来成分、といっても
誰がどうやって作ったものなのか、
心配になってしまうお母さんもいらっしゃいますよね。
アロベビーミルクローションは
原料、使い心地、安心を徹底し
開発から生産までメイド・イン・ジャパン。
アロベビーミルクローションは
安心の国産オーガニックなのです。

 

アロベビーミルクローションはアロベビー公式販売店でお買い求めを!

高保湿で
安心・安全の
アロベビーミルクローション。
売り場やオンラインショップなどでも購入できますが、
一番のオススメは
アロベビー公式販売店です!
アロベビー公式販売店で
アロベビーミルクローションをお買い求めいただくと

30日間の全額返金保証などの
特典がいっぱい!
またLINEのアプリで
お友達登録をすると
10%OFFクーポンなども付いてきます。
詳しくは、アロベビー公式販売店をチェック!

30日間の返金保証つきで単品購入できるのは公式販売店限定です!

↓ ↓ ↓

【アロベビー公式販売店はこちら】

 

赤ちゃんの顔にも日焼け止めを塗って大丈夫?

大人用の日焼け止めは顔用・体用と2タイプの
日焼け止めを販売しているのをよく見ますが、

赤ちゃんの日焼け止めは顔には塗っても良いのか、
顔用や体用と分けた方がよいのか疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

そこで、赤ちゃんの日焼け止めについて調べてみました。
デリケートな赤ちゃんの顔にも塗って良いのか気になっているママさんは参考にしてください。

 

赤ちゃんの日焼け止めは顔に塗って平気!?

赤ちゃん用の日焼け止めは自然由来の成分などを
配合した低刺激で無添加なものが主流なので、

とくに顔用・体用と使い分ける必要もなく
安心な成分の日焼け止めなら顔に塗っても平気です◎

では、赤ちゃんが安心して使える日焼け止めとは、
どんな日焼け止めを選べば良いのでしょうか。

 

赤ちゃんに使っても安心の日焼け止めとは?

・紫外線吸収剤不使用

・ディート不使用

・添加物不使用

・SPF、PAの強くないもの

・香料、着色料不使用

このように化学合成成分などを使用してない
赤ちゃん用の日焼け止めを選びましょう◎

化学合成成分を配合している日焼け止めは、
赤ちゃんの敏感なお肌を傷めてしまう危険性もあり、

赤ちゃんのお肌に負担がかかってしまいます。

天然成分を100%使用している日焼け止めなら
赤ちゃんの顔にも安心して塗ることができるので、

配合成分を確認して選ぶことが大切です。

SPFやPAの数値も高いほど刺激が強いので、
SPF15・PA++くらいの日焼け止めが良いでしょう。

スプレータイプの赤ちゃん用の日焼け止めを
顔に塗る時はママの手に出してから塗ってあげます。

直接赤ちゃんの顔にスプレーしてしまうと目に入る
恐れがあるので気を付けてくださいね!

初めて使う日焼け止めはすぐに顔などに塗らずに、
赤ちゃんのお肌に合うかパッチテストをしましょう◎

 

赤ちゃんの顔に塗ったあと、日焼け止めの落とし方は?

赤ちゃん用の日焼け止めの種類によって、
石鹸の泡で日焼け止めを落とすタイプや

お湯で落ちるタイプなど異なるようです。

日焼け止めを落とすシートなども販売していますが
赤ちゃんに安全な成分なのか心配ですよね。

できるだけ落としやすい赤ちゃん用の日焼け止めを
選ぶことをおすすめします。

天然成分を配合した低刺激な日焼け止めを使っても
落とすときに石鹸などで念入りに洗ってしまうと、

赤ちゃんのデリケートなお肌を傷つけ
肌トラブルの原因にもなってしまいます。

お湯で落とせるタイプの日焼け止めなら、
こすらずに落とせるので肌に負担が少ないです◎

日焼け止めを塗ったら、必ず落とすことも大切です。

赤ちゃんのお肌に日焼け止めが残ってしまうと、
負担がかかるので帰宅後早めに洗い残しがないように

日焼け止めを落としてあげてくださいね(^^)

顔の細かい部分はガーゼなどにお湯をふくませて
優しく丁寧に日焼け止めを落としてあげましょう。

陽射しの強い日や強い場所へのおでかけは、
日焼け止めと帽子やUV長袖パーカーを羽織るなどの

紫外線対策をして、
赤ちゃんを陽射しから守ってあげてくださいね♪

 

【お湯で落とせる赤ちゃん用のおすすめ日焼け止めはこちら】

赤ちゃんの虫よけにスプレーとシールどっちがいい?

暖かい季節になると赤ちゃんとお出かけする
機会も多くなり楽しみも増えますが、

虫も出てくるので蚊などの虫刺されも心配です。
暑い季節にはお家の中にまで侵入してきますよね。

虫に刺されないよう赤ちゃんを守ってあげるには

虫よけスプレーと虫よけシール
どちらが効果的で使いやすいのでしょうか。

虫よけスプレーと虫よけシールを比較しました!

虫よけ対策には、スプレータイプとシールタイプの
どちらが良いのか口コミなどをもとに比較しました。

虫よけシールはユーカリなどの虫が嫌う匂いを
染み込ませたシールを服の上から貼るタイプで

赤ちゃんや小さな子供にも使えるので便利です。

しかし、すぐに取れてしまうという体験談も多く
匂いもきつくて子供が嫌がるという意見もありました。

中にはホッチキスでシールを止めて使用したのに
効果を感じられなかったという人もいました。

1回に帽子や背中側やお腹側と3枚から4枚ほど
貼る人が多く、コスパはあまりよくない印象でした。

虫よけ対策にシールを貼っても剥がれてしまったり、
効果を感じられないのはちょっと残念ですよね。

虫よけスプレーは効果を実感している人も多く、
手軽につけられる便利なアイテムです。

しかし、赤ちゃんに市販の虫よけスプレーを使用
するのは配合している成分が強くて心配…という

成分を気にするママ達も少なくないようです。

赤ちゃんに使用する虫よけスプレーは
天然成分を原料にした安全な製品もあるので、

きちんと成分表示を確認して購入しましょう。

赤ちゃんも安心して使える虫よけスプレーって?

赤ちゃんが、蚊などの虫に刺されないように
虫よけスプレーは簡単で効果的なようです。

赤ちゃんでも安心して使える虫よけスプレーとは
一体、どんなものを選べば良いのでしょうか。

赤ちゃんの虫よけスプレーはアロマなど自然由来の
製品を選ぶようにしましょう。

虫よけスプレーの成分表示を確認して、
「ディート」配合のものは控えるようにしましょう。

「ディート」は「ジエチルトルアミド」とも呼ばれ
日本では高濃度のディートの販売はできませんが、

6か月未満の赤ちゃんには使用できないなど
ディート使用の製品は細かい注意喚起があります。

6か月以上の赤ちゃんでも1日1回と使用回数に
限りがあり扱いを気を付けなければいけません。

ディート以外にも添加物を含んだ虫よけスプレーは
赤ちゃんの敏感なお肌には良くないので控えましょう。

ディート不使用、無添加で赤ちゃんが安心して使える
虫よけスプレーはどんなものがあるのでしょうか。

アロベビーの日焼け止め「UV&虫よけミスト」は
天然由来成分を100%配合した虫よけスプレーです。

天然成分を使用しているため新生児から安心して
使うことができるんですよ◎

配合成分の原料は純国産オーガニックなので、
多くのママから人気のある虫よけスプレーです。

ディートや添加物は不使用なので安全に使えます。

万一、赤ちゃんが虫よけスプレーを塗った手や指を
舐めてしまっても大丈夫だから安心です(^^)

赤ちゃんに安心な虫よけスプレーを探している人に、
おすすめの虫よけスプレーです♪

 

【アロベビー「UV&虫よけミスト」の詳細を見てみる】

レモングラスって虫よけ効果があるの?

レモングラスという植物はご存知でしょうか。

タイのトムヤムクンというスープの香りづけに
使われたり、お茶に利用されるハーブの一種です。

レモングラスは虫よけにも効果があるそうですが、
本当に虫よけ効果があるのか調べてみました!

 

レモングラスの匂いは虫が嫌う!?

レモングラスは檸檬とは違う植物なのですが、
香りがレモンに似ているハーブなんです。

虫はレモンの香りを嫌がるためレモングラスは、
昔からタイなどで虫よけとして使われてきました。

レモングラスには蚊が嫌うシトラールという成分を
含んでいるため、庭に植えておくと、夏の蚊や虫が

家に入ることを防げる効果が期待できるそうです。

見た目はススキのような草で5月ごろに植えると
虫の出やすい夏場に葉を茂らせるそうです。

生命力の高いハーブ種なので水やりは土が乾いたら
あげるようにすると良いそうですよ。

 

レモングラスを虫よけスプレーにする方法

レモングラスは虫が嫌うニオイだからといっても
植物を置くよりエッセンシャルオイルを使用して

虫よけ対策をする方が効率的ですよね。

では、どのようにしてレモングラスを
虫よけスプレーにしたら良いのでしょうか。

・無水エタノール3g

・エッセンシャルオイル10滴

・水

この3つを混ぜて50gの液体を作ります。

エッセンシャルオイルは水と反発するので
無水エタノールとよく混ぜてから水を加えます。

混ぜ合わせた液体をスプレーボトルに入れて完成。

部屋に撒いたり、玄関先に撒けば虫よけになるので
植物を置くだけよりは効果が期待できますよね。

レモングラスの香りは疲労回復やストレス軽減する
効果も期待できるのでリラックスもできそうです。

 

レモングラス配合の虫よけスプレーって販売してる?

レモングラスは虫が嫌がるニオイで蚊よけにも
効果が期待できることがわかりました。

レモングラスのエッセンシャルオイルを使って
虫よけスプレーを自分で作ることもできますが、

エッセンシャルオイルや無水エタノール
そしてスプレーボトルを準備する手間が面倒、

忙しくて作る時間がない、毎回作るのは大変、

そんな忙しいママ達にレモングラス成分を配合した
おすすめの虫よけスプレーをご紹介します♪

アロベビーのUV&虫よけミストは100%天然成分。

純国産のオーガニック成分を配合していて、
新生児の赤ちゃんから使える虫よけスプレーです。

レモングラスの他にも防虫効果が期待できる
天然のローズマリー成分などを配合しています。

そして、日焼け止め効果も期待できるスプレーなので
これ1本で虫よけと紫外線対策ができるんですよ♪

天然成分配合の虫よけを探している人や
気になっている人は、1度試してみてくださいね(^^)

 

初めて使う方に安心の返金保証付きは公式販売店限定!
↓ ↓ ↓

【アロベビーのUV&虫よけミストの公式販売店】

赤ちゃんに日焼け止めを使う必要ってあるの?

暖かい季節に赤ちゃんとのお出かけ、
ママもリフレッシュできて気持ちが良いですよね♪

しかし、陽射しが強くなると紫外線も気になります。

赤ちゃんの紫外線対策に日焼け止めを使う必要は
あるのでしょうか?

赤ちゃんに日焼け止めを使うのはいつから、
どのように使えばいいのか調べてみました(^^)

 

赤ちゃんの紫外線対策に日焼け止めは必要なの?

赤ちゃんの頃から紫外線対策に日焼け止めを塗って
あげることは、とても大切なんです。

直射日光が当たらないように、帽子をかぶせたり
UVパーカーを羽織るなどの紫外線対策と同時に

日焼け止めを赤ちゃんにも塗ってあげましょう。

なぜ、赤ちゃんの頃から紫外線対策に日焼け止めが
重要かというと紫外線のダメージは蓄積されるので

将来、様々な悪い影響が出てきてしまうんです。

日焼け止めなどの紫外線対策を赤ちゃんのうちから
しておかないと10年以上先になってからシミやシワ

免疫力が低下してしまう、皮膚がんになる恐れも
あると言われています。

10年以上先の話だけではなくても、

赤ちゃんのお肌は大人の肌より薄くとてもデリケート
なので、日焼け止めを塗っていない状態で陽射しが

直接肌に当たると、水ぶくれややけどになってしまう
恐れもあるんです。

とくに生まれて間もない赤ちゃんほど、紫外線の影響を
強く受けてしまうため、早めのケアが必要なんですね。

 

赤ちゃんに日焼け止めを使うときの正しい使い方は?

赤ちゃんに日焼け止めを使うときに気を付けたいことは
ママと同じ日焼け止めクリームなどは使用しないこと!

赤ちゃん用の低刺激な日焼け止めを使いましょう。

初めて使う日焼け止めはパッチテストを行います。

パッチテストは赤ちゃんの二の腕の裏側に
日焼け止めを塗って24時間経過観察します。

赤みや腫れや発疹などの異常が現れなければ
最初は、少量ずつ使っていきましょう。

ベビー用と書いてある日焼け止めでも使える月齢や
配合している成分をきちんと確認してくださいね。

早いうちから紫外線ダメージを防いであげる為にも
新生児から使える安全なオーガニック成分配合の

赤ちゃん用日焼け止めがおすすめですよ(^^)

赤ちゃん用の日焼け止めに強いSPFやPAは必要なく、
SPF15、PA++程度の日焼け止めを選びましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めは汗や水遊びをした時など
肌に水分がついたらこまめに塗りなおしてあげます。

スプレータイプの日焼け止めは塗りなおすときも
シュッとひと吹きして伸ばすだけなのでラクですよ♪

そして、日焼け止めを塗ったらきちんとお風呂で
落としてあげることが大切です。

石鹸やクレンジング剤不要のお湯で落とせる
赤ちゃん用の日焼け止めなら肌を傷つけずに

日焼け止めを落とせるので安心で便利です◎

もし、赤ちゃんのお肌が日焼けで赤くなって
しまったら濡らしたタオルなどで冷やしましょう。

早いうちから赤ちゃんを紫外線から守って、
健やかなお肌を保ってあげてくださいね♪

 

お勧めの赤ちゃん用日焼け止め『アロベビーのUV&アウトドアミスト』

アロベビーのUV&アウトドアミストは
日焼け止めと虫除けが同時にできちゃう優れものです。

しかもミストタイプなので塗る時も簡単。
お湯で落とせるのも魅力です。

優しい天然100%の成分で
赤ちゃんのお肌にも安心して使用することができます。

下記の公式販売店なら
限定で返金保証付きなので安心して試してみるとこができます。

お得なセット価格もおすすめなのでチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓
【アロベビーUV&アウトドアミスト公式販売店】